ミスチル・長野ビッグハットはサイコー・サイコー♪

今回のミスチルのツアーは埼玉スーパーアリーナ・横浜アリーナ以外は
随分と小さな会場で行われているなというのが印象的でした。

新幹線を利用すれば新潟や長野は1時間~1時間半位でつけるので、
時間的には横浜に行くよりは長野や新潟の方が短時間で到着できたりしちゃうのです♪

d0060163_1863654.jpg

6000人位の会場で、都内で見たい!となるとかなりの倍率ですが
地方都市だと意外とすんなりとチケットが手に入るのも魅力の一つ。
今回のビックハットも記憶が確かなら6000人位しか入らない、小さな会場でした。
(武道館が1万人なので、それよりも小さい=身近に見られるって事ですよね)

友人と酔っ払ったまま駆け足で最終バスに乗ってビックハットに到着し、
ビップのように、他のお客様がいなくなって私たちのお出迎えに20人ぐらい待っているかのような状態のホールに飛び込むと、ちょうど1曲目の「週末のコンフィデンスソング」をやっている最中。
どうにか、どうにか間に合いました。

ちょっとビール臭い自分たちを苦笑いしながらも
アリーナ席で、桜井くんが裸眼で楽勝で見える位置に大興奮。
これまでのミスチルライブの中で一番良い席かも・・・・です。

桜井くんは埼玉スーパーアリーナの時には「気高い」印象だったし、
何となくお客さんとの距離がある分、緊張感もあったような気がするけれど、
今回の長野ビックハットは会場が小さくて、一人一人の顔が見えるような距離のせいか、
ゆったり・のんびり・柔らかい空気感のライブでした。

2万人の静寂が聞こえた!!と桜井くんが言っていた「つよがり」も
ビッグハットでは、なんだか、和やかな歌に聞こえましたよ^^;
不思議ですね<同じ歌なのにね。

ノリノリで歌って、笑って、踊って、感動したライブはあっという間に2時間終了。
小さな会場の良さを十分に満喫できたライブでした。

こんな体験をしちゃうと、またまた「新幹線ツアー」をしちゃいそうな予感です。
仙台ぐらいまでなら行こうか?!・…青森はちょっと遠いよね・・・・・
そんな危険な会話をしながら、新幹線でビールを飲みながら友人と楽しく帰ってきました。
[PR]

by yukavin | 2009-05-11 23:02 | ミスチル  

<< 新型インフルエンザ、心配です! 「餃子なんか、食べてる場合じゃ... >>