FC鶴ヶ島 春秋連続「県大会」出場を決めました!!

サッカー少年の夢は春からは夏の全国大会出場、秋は県大会優勝!です。
でもサッカーチームは沢山あるし、それぞれのチームが頑張って練習し技術が向上しているし、また体の成長の早い遅いもあって・・・。なかなかそれは叶わない夢の世界です。
ある意味、運も関係するし、もちろん実力もあるし・・・。でも皆、優勝を信じて頑張っています!

10/21に地区最終予選がありました。初戦は鶴ヶ島栄です。栄はその前の試合でフォアードの子が骨折してしまったそうで、完全なる「引き分け狙い」の試合展開でした。とに角、ボールをつなげない。ディフェンスを強化し、すぐにボールをクリアしてしまうのです。
d0060163_17542653.jpg
前半、0対0と言う嫌なムードでしたが、後半、エースがやってくれました!

見てください!このハイジャンプ!!足の裏にバネを入れてるんじゃない?・・・・そんな冗談を真顔で言いたくなる程の高いジャンプ。そして、速い足さばきとテクニックとで相手を交わし、ゴール!!結果は2対0.押していた割りには点数が入らず、ディフェンス型のチームへの課題が一つ残ったような試合でした。

2試合目・・・これで勝てば県大会に出場という試合です。
相手は坂戸千代田でした。坂戸千代田の10番は埼玉県の県トレに選ばれているという、技術も足もある選手です。これまでもFC鶴ヶ島と千代田との相性は良くなく、あまり点差で勝ててなかったので嫌な予感も頭をよぎります。どうにか、10番を押さえ込んで、勝利を手にしたい!・・・そんな気持ちで試合は始まりました。
d0060163_1831660.jpg

試合はかなりFC鶴ヶ島がおしていました。でも、エースに3人もマークがついて、ずっと手をつながれたり、腰を触られているような状態。試合後に「随分とモテたね」と笑い話にしましたが、やはり3枚マークがつくと、いくらエースとはいえ、なかなか自由には動けず・・・。良い所にパスが出たりしたのですが、ゴールに嫌われたりして得点できず0対0で試合が終りました。

予選最終戦という事で延長が5分・5分ありましたがそこでも決着がつかず・・・ついにPK戦に。

親はドキドキです。ここまで頑張ってきたのに県大に出られないなんて・・・そんな・・・・
もう、これで負けたら終ってしまう。本当に心臓がバクハツしそうでした。しかも我が息子はPKの順番が5番。決定させる肝心な順番!!この年になってこんなに心臓を使うとは!と言うぐらい心臓がバクバクしながら見守りました。
d0060163_18161219.jpg

結果はFC鶴ヶ島は全員がゴール、一方、相手は1人外し、1人をキーパーがファインセーブで息子のキックを待たずして勝利!しました。後から聞いた話ですが、これまで沢山のPKの修羅場を経験しているので「PK戦になれば、勝てる!」とキーパーの子は自信を持っていたそうです。
d0060163_18184015.jpg

県大会出場の賞状をもらい、記念撮影です。おめでとう!<子ども達。

春の県大会に出た4チーム:上福岡、福原、長鶴は今回、秋の大会では負けてしまい、県大会に出場する事はできませんでした。春秋の両方、県大会に出るのがいかに難しいか!!を実感しました。折角チャンスを得られたのですから、今後、大変とは思いますが是非、頑張って欲しいな!そして、またあの「埼玉スタジアム」で試合をして欲しいな!と思っています。
[PR]

by yukavin | 2007-10-27 18:23 | 子どもたち  

<< 隠れ家みたいなレストラン Pr... 新しい生まれ変わった有楽町イト... >>